一寸先は沼

ジャニヲタをバカにしていたオタクが突然V6におちて戻れなくなった話

ド新規によるV6DVD感想①【V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!(4)】

これが終わったらトニコンをまとめたいな~!ハニコンかな~!と思っていたのですが、いやいやフォエバコン来るやん。
別のこと考えるとすぐ忘れてしまう…

早速前回の続きを。
もう明日来ちゃうんだよ!今日終わらせたかったんだよ!フォエバコン見たらしばらくブログなんか書いてられないよ!
サクサクいきます。

**

15.Mission of Love

Sexy.Honey.Bunny!」通常盤収録曲。

Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ(ジャケットC)

Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ(ジャケットC)

ミッションV6」のテーマ曲でしたね。ミッションちゃんと見とけばよかったなあ~後悔しかない…
最初はピンと来なかった曲の一つなんですが、これこそスルメ。
ステップとフォーメーションが見ていてとても気持ちいい!
この曲は間奏の部分、トニセンとカミセンに分かれてのダンスが本当に大好き。
間奏部分だけじゃなくこの曲通してトニカミが対になってるのがすごく良い。
トニセンの細かい足さばきはついつい井ノ原さんに目が行ってしまいます。うまい。実にスマート。
三人でスルスルッとこなしているその5秒もない動作にすら引き込まれてしまう。
対してカミセンは跳ねるような激しいステップでゴリゴリ来る感じ。圧倒的力強さ。パワー。トニセンカミセンでここまで違いが出るかと。極端に言ってしまえば「大人」と「子供」くらいの表現の差。
ダンスバトルのようにも見えるフォーメーションは見る度興奮する。
トニセンの長年培ってきた技術から溢れる大人の余裕。上半身よりも下半身中心のしなやかなステップ。
カミセンの全身を使った鬼気迫るような激しさ。かかってこいよとでも言うような上半身から叩くようなステップ。
このたった数秒でComing Century、20th Centuryがどういう雰囲気を持ったグループなのかが伝わる気がします。
トニセンに関してはだいぶ猫かぶってるかな…ふざけてる的な意味で…
この間奏部分の手ウニュニュってやるのがすごく好きなんだよ~伝わるかな~トニセンが波みたいに手ウニュニュってやってるの~~長野さんのそれがもうよく分からないけど大好き。よく分からないけど。グッときちゃう。
本当に6人ともよく動いてるもんだから、この時はいてる白い靴がスニーカーに見えてしまいます。かかとにエアー入ってる?


20.You Know?

「way of life」通常盤収録曲。

way of life

way of life

前回の記事を書いてる時に見ていたら書きたくなってしまった…
衣装変わってギラギラ総スパンジャケット!ウワッ!いくらするんだろ
曲がギターゴリゴリでむっちゃかっこいい。照明演出ひたすらかっこいい。
個人的には全編通して見てもわりと上位に入るエロっちい曲だと思っています。
最初の恋弾のというか、坂本さんの普段とちょっと変えてる感じのねっとりした歌い方がすごく好きです。
この曲もオカダさんのエロさが…やばい…前髪…みんな前髪伸ばしていこ…長めでいこ…
三宅さんの上半身の使い方がすっごくイイ。エロい。
井ノ原さんすごいかっこいいな…(
この時の井ノ原さんは息をするように歌ったり踊ったりしてるんですよね。ちょっと抜き気味というか。力があんまり入ってない感じ。そこそこ動いてるのに。
何度も言うけど長野さんは関節がうまく使えるようになったら死人が出るから!!坂本さんみたいに意図的にセクシーさを出しているわけではないのに色っぽく見えるのは何なんでしょうね?人生経験かな?それでいいですか?
気づいたら長野さんの話ばっかりするのやめたい…視野を広く持ちたい…

これの前に着ていた白のロングコートどうして曲でも使わなかったのか本当に理解に苦しみます。どうしてですか。ちょっとターンしてくれるだけでいいんですよ。ちょっと裾をバッ!ヒラッ!としてくれるだけでいいんですよ。白く長いコートの中からチラチラ見える細く黒いパンツ!うーん!変態の香りしかしない!私が!

**

本当はもう何曲かまとめるつもりで続けて書いていたんですけれども、集中切れてきたのか「長野博がエロい」というのをいろんな表現で繰り返し書いてるだけの文になってることに途中で気づいたのでやめました…疲れてるのよ…いや長野博はえろい…まちがいない…私の国語力がないからただただ下品な文字の羅列になってしまう…EROI…

ひとまず一旦終わりにしまして、またシングルMVなど挟みつつトニコンとかREADYコンとかその時の気分で書きたいな~と思っております。
その際またお付き合いいただければと。